in

パリのカルティエ現代美術財団

Fondation Cartier pour l’Art Contemporain の紹介

↑ パリ・カルティエ財団 / ©TABINOTABI

カルティエ現代美術財団のミッション

1984年に設立されたカルティエ現代美術財団は、フランスにおける企業メセナのあり方に一石を投じ、その発展に尽力してきました。アーティストた ちの創作の場となり、市民とアートの出会いの場となる空間を提供しながら、現代アートの創作活動の促進、およびその社会的普及に努めています。毎年、テー マを設けた企画展、あるいはひとりのアーティストによる個展を開催する一方で、コミッションワーク(依頼製作)による所蔵コレクションの充実化にも力を注 いできました。現代アートは、現代社会が抱える諸問題を提起する力を持ちます。その創作活動をカルティエは支援し、より多くの市民の目に触れる開かれた場 を提供し続けることで、今日のクリエーションを尊重する企業理念を実践しています。
(引用:カルティエ・ジャパンウェブサイトより:カルティエ現代美術財団

パリ・カルティエ財団内庭園 / ©TABINOTABI
↑ パリ・カルティエ財団内庭園 / ©TABINOTABI

カルティエ現代美術財団の建築について

現在のカルティエ現代美術財団はガラスによる建築を得意とするフランスの現代建築家ジャン・ヌーヴェル(Jean Nouvel、1945年フランス生まれ)が1994年に設計しました。ジャン・ヌーヴェルはカルティエ財団以外にも、パリでは、アラブ世界研究所(Institut du monde arabe・パリ5区)やケ・ブランリ美術館(Musée du quai Branly・パリ7区)などの建築家で有名です。日本では東京の電通本社ビルなどが建築物に挙げられます。

インフォメーション

オフィシャルサイト☆ Fondation Cartier pour l'Art Contemporain
YouTube☆ Fondation Cartier pour l'art contemporain
Facebook☆ @FondationCartier
Instagram☆ @fondationcartier
住所☆ 
Fondation Cartier pour l'art contemporain
261, boulevard Raspail
75014 Paris パリ14区
最寄りメトロ☆ 4番線 Raspail 駅