フェルメールの「牛乳を注ぐ女」(1658年)
↑ フェルメールの「牛乳を注ぐ女」(1658年)
in ,

ルーブル美術館で「フェルメール展」開催

ルーブル・フェルメール企画展(Vermeer and the Masters of Genre Painting) 2017年2月22日 ~ 2017年5月22日まで 開催

ルーブル美術館で「フェルメール展」開催

パリのルーヴル美術館で企画展「フェルメールと風俗画の巨匠たち」開催 2017年 2月 22日 ~ 2017年 5月 22日まで。

ルーブル美術館「フェルメール展」ウェブサイト
ルーブル美術館「フェルメール展」Vermeer et les maîtres de la peinture de genre ウェブサイト

ルーヴル美術館「フェルメールと風俗画の巨匠たち」について

ルーヴル美術館が世界的に有名な画家フェルメールの風俗画を中心に17世紀のオランダ画家の作品を紹介する展覧会を開催しています。「フェルメールと風俗画の巨匠たち」(Vermeer and the Masters of Genre Painting)のキュレーターはフェルメール研究者のArthur K. Wheelock Jr.氏とアイルランドナショナルギャラリーのAdriaan Waiboer氏、そしてBlaise Ducos(ルーヴル美術館)。

フェルメールの画家生涯の作品数は少なく、35点前後と言われていますが、本展ではなんと12点を紹介しています。フェルメールの作品の中で『La Dentellière』(レースを編む女)と『L’Astronome』(天文学者)はもともとルーブル美術館貯蔵で、その他10点の作品が今回アメリカ、イギリス、ドイツ、オランダの美術施設から今回特別に貸し出されています。

 

フェルメール作『レースを編む女』
↑ フェルメール作『レースを編む女』ルーヴル美術館

 

フェルメール作『天文学者』
↑ フェルメール作『天文学者』ルーヴル美術館

ルーヴル美術館「フェルメールと風俗画の巨匠たち」感想

さて「フェルメール展」、行ってまいりました。
今回のフェルメール・ルーブル企画展の見どころは同じ年代の他のオランダの画家同士の絵の比較にあります。この時代どうやら同じテーマをそっくりそのまま自分風に描くのが主流のようでした。ヘラルト・ドウ(Gerard Dou、 1613年 – 1675年)やピーテル・デ・ホーホ(Pieter de Hooch、 1629年 – 1684年)またハブリエル・メツー(Gabriël Metsu、 1629年 – 1667年)もフェルメールと同じ17世紀のオランダの画家、彼らは皆テーマを共にし似たような構図の絵を自分のタッチで描いていたのです。

例えばこちらのヘラルト・ドウ作の「Woman Pouring Water into a Jar」(1640年)

Gerard Dou作の「Woman Pouring Water into a Jar」(1640年)
↑ ヘラルト・ドウ作の「Woman Pouring Water into a Jar」(1640年)ルーヴル美術館

どうですか?
そうなんです有名なフェルメールの「牛乳を注ぐ女」(1658年)と構図がそっくりなんです。

フェルメールの「牛乳を注ぐ女」(1658年)
↑ フェルメールの「牛乳を注ぐ女」(1658年)アムステルダム国立美術館

このように数人の画家の絵を見比べていく、楽しい展示会になっています。
※ 展示は写真撮影NGなので、残念ながら取れませんでした。

せっかくのルーヴル美術館なので展覧会後は館内を散策

展示品自体は少なく、人気の企画展でどうしても人が多く、見終わったらせっかくのルーブルなので好きな時代の芸術品をみにいくことをお勧めします。

ルーブルと言えばやはりルネッサンスのイタリアを思い浮かべます。フェルメール展を後にしダ・ビンチのモナリザ目掛けて館内を散策しました。途中の『サモトラケのニケ』は何度見ても神秘的ですね。
それにしてもルーブル、館内の美しさに感心します。

ルーヴル美術館に所蔵されている勝利の女神ニーケーの彫像『サモトラケのニケ』 ©TABINOTABI
↑ ルーヴル美術館に所蔵されている勝利の女神ニーケーの彫像『サモトラケのニケ』 ©TABINOTABI

鑑賞後はカルーセルでショッピング

美術鑑賞が終わりましたらルーブルのショッピングモールでお買い物でも。

ルーヴル美術館のショッピングモール「Le Carrousel du Louvre」
ルーヴル美術館のショッピングモール「Le Carrousel du Louvre」 ©TABINOTABI

インフォメーション

入場整理券はかならずルーブル美術館のサイトからインターネットで予約しましょう。
(事前購入はこちらから【英語】:https://www.ticketlouvre.fr/louvre/b2c/index.cfm/home)
場所☆ Musée du Louvre, Rue de Rivoli, 75001 Paris, France パリ1区
開催日時☆ 2017年2月22日 ~ 2017年5月22日、月・木・金・土・日 9:00 ~ 18:00 / 水・金 9:00 ~ 22:00 / 火曜日閉館
ウェブ☆ http://www.louvre.fr/