in ,

「ブリヂストン美術館の名品-石橋財団コレクション展」

パリ・オランジュリー美術館で石橋財団コレクションの代表的な76作品展示

Tokyo-Paris Masterpieces from Bridgestone Museum of Art, Collection Ishibashi Foundation

パリのオランジュリー美術館で「ブリヂストン美術館の名品-石橋財団コレクション展」

石橋財団コレクションの代表的な76作品が4月5日より8月21日まで、パリの Musée de l’Orangerie(オランジュリー美術館)で展示されます。「ブリヂストン美術館の名品-石橋財団コレクション展」(Tokyo-Paris Chefs-d’oeuvre du Bridgestone Museum Collection Ishibashi Foundation)では石橋正二郎のコレクションを中心に日本近代洋画、印象派周辺、20世紀美術、抽象絵画へと時代の流れに沿って紹介されます。タイトルにある“Tokyo-Paris”が示すように、日本とフランスとの美術の交流が体現された見応えのある展示です。

ルノワールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」(1876年)
↑ ルノワールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」(1876年)

 

関連情報

場所☆ Musée de l'Orangerie, Jardin Tuileries, 75001 Paris, France パリ1区
開催日時☆ 4月5日より8月21日まで、9:00 ~ 18:00 (最終入館 17:15)火曜日閉館